スポンサーリンク
セカンドミッション

セカンドミッション 4

英徳大のカフェテリア。 「司、とりあえず座れ。」総二郎が隣の席を指差す。「で?何があった?」 俺はこいつらにマンションで起こったことをすべて正直に話した。「ひでーなそれは。一番、そういうことをしねぇと思ってた司が…………。」 ...
セカンドミッション

セカンドミッション 3

部屋を出ていった牧野を慌てて追い掛けるが、あいつが乗ったマンションのエレベーターは無惨にも扉がしまり、俺は急いで隣のエレベーターに乗り込んだ。 1階に下りると、どしゃぶりの雨の中、通りを歩く牧野を見つけ、走って追いかける。 「...
セカンドミッション

セカンドミッション 2

それは雨の日の夕方だった。 その頃、昼は学校、夜は仕事といった生活を繰り返していた俺は、3日間邸に戻らずマンションで寝泊まりしていた。その日の朝、二日ぶりに牧野の声を聞いた。 「道明寺、今日もそっちに泊まるの?」 「ああ...
セカンドミッション

セカンドミッション 1

あの頃の俺は……若かった。自分のことさえ全く理解出来てねぇ、ただのガキだった。 それなのに、物事すべての中心が自分で、なんでも出来ると勘違いし、一番大事なことを見失っていた。 そして、あれから8年。26才の俺は時々思い出す。あ...
My teacher

My teacher 20

「ここですか?」 あたしは、いかにも高級そうなマンションを眺めながらそう呟いた。 「ああ。」 「すっご!」 そう叫びながら、あー、そうだった、この人は道明寺財閥の息子さんだったんだ。と、思い出す。 道明寺先生...
My teacher

My teacher 19

道明寺先生と付き合ってから、デートらしい事をしたのはこれが初めて。 3日前の電話で、「日曜日空けておけよ。」と言われたとおり、朝からあたしのマンションの前に道明寺先生の車が止まった。 公園を散歩して、買い物をして、食事をして、...
小話

小話 (カフェのバカップル)

小話です。年齢、設定はフリーで。 大通りに面した洒落たカフェ。大学の後、友人と連れだって4人でお茶しに来た夕時、久しぶりに彼を見た。 カフェに一人で入ってきた彼は、店内をぐるりと見回した後、店員に奥の目立たない席を指差...
My teacher

My teacher 18

俺の彼女はどうやら、頭の中が根っからの教師らしい。 付き合い出して2週間が経つが、平日は夜遅くまでバレー部の練習。週末はボランティア部の手伝いで河川敷の清掃など、 人生初の彼氏が出来たと言うのに、全く浮かれた様子もない。 ...
総務課の牧野さん

総務課の牧野さん 54 最終話

あれから2年後。 「牧野さん、配送先のファイルってこれでいいの?」 「はい。こっちが新しいので、それより古いのはこれです。」 「牧野さーん、資料室の分類表は?」 「それは、共有ファイルの『資料室』を開けるとあります...
総務課の牧野さん

総務課の牧野さん 53

二人で向かったババァの書斎。昨日の姿が嘘のようにいつもの姿のババァがデスクに座り待ち構えていた。 ソファにはねーちゃんもいる。 「つくしちゃん、おはよう。気分はどう?」 「おはようございますっ。昨日は……ご迷惑おかけしま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました