出来ない女と、しない男 23

出来ない女と、しない男
Processed with VSCO with al1 preset
スポンサーリンク

管理課の飲み会が開かれている居酒屋に着くと、店員に2階の大広間まで案内された。
大広間の閉められたふすまを開こうとしたその時、中から足元が少しふらついた中年のおやじが出てくる。
確か、管理課の係長だったか。

俺の顔を見ても、何もなかったかのように通りすぎるこいつ。
そして、2、3歩進んだ後、すごい勢いで振り返った。

「専務っ?!……専務ですよね?!
えっ、どうしたんですか?
まさかっ、管理課の飲み会に?
えーっ、マジかよ!
おいっ、みんなっ!大変だぞっ、ヤバイヤバイっ、専務がお越しになった!」

ヤバイのはおまえだ。
俺はそう言いたくなるのを我慢して、全員が注目するなか部屋に入ることになった。

そのあとは、もう、てんやわんや。
管理部長に握手をされながら部屋の奥まで連れていかされ、なぜだか全員から拍手を受ける歓迎っぷり。
肝心の牧野の姿が探せねぇ。
酔って寝ている奴を除いて全員が立ち上がり、俺を珍しそうに眺めている。

「今日はどうされたんですか?」
そう部長から聞かれ、

「近くで管理課の歓送迎会が開かれてると聞いたから、寄っただけだ。
気にせず続けてくれ。」
そう言って目では牧野を探す俺。

その時、部屋のふすまが開いて男が一人入ってきた。
それを見て、
「徳井くんっ、専務がわざわざ歓送迎会に来てくれたよ。」
そう叫ぶのを聞いた。

こいつが徳井か…………。
俺ほど背は高くねぇけど、上質なスーツを着こなしてなかなかいい男ではある。

俺の前まで来ると、
「管理課に異動になりました徳井です。」
と深く頭を下げた。

俺はそんなこいつを無視して、目線は部屋の入り口へと向ける。
たった今、部屋に入ってきたのは、俺が会いたかった女。
俺を見てすげー驚いてやがる。
「道明寺」と呼びそうになって慌てて「専務」と言い替える姿に、くすぐったい気持ちで一杯になった。

「さぁさぁ、どうぞ、お座りください。」
部長が俺を管理職のおやじたちと同じテーブルに座らせようとしたが、

「いえ、結構です。」
そう言って俺はボケぇと突っ立ってる牧野の側まで歩いていくと、

「どこ行ってたんだよ。」
そう言って栄養管理課の連中が座るテーブルにあぐらをかいて座った。

全員が息を飲んで俺のことを見ているのは分かってる。
あとで、牧野にすげー怒られるのも分かってる。
けど、牧野がさっき部屋に戻ってきた時にチラッと見えた、手の中の小さな紙が何なのか、気になってしょうがねぇ。

徳井と牧野が部屋にいなかったのも気になる。
あの男に何か渡されたか?
そう思いながら牧野の方を見ると、もう手の中には何もない。

「専務、何のみます?」
俺の正面に座るやつがそう声をかけてくるが、
俺は別にここに長居するつもりはない。
目的はただひとつ。牧野を連れて帰ること。

「おまえ何飲んでる?」
隣の牧野に俺がそう聞くと、周りのやつらが固唾を飲んで見ている。

「……ウーロンハイ。」

「……なんだそれ。」
聞いたこともねぇ飲み物。

「ウーロン茶と焼酎……」

「酒かよ。」

牧野の手からコップを奪うと、俺はそれをゴクリと飲んだ。

「まじぃ……。」
そんな俺に、

「ちょっと、道明寺っ!」
慌てた牧野が叫んだのは、俺のプライベート呼び。

固唾を飲んで見ていたやつらが一気にざわつき出した。

「えっ?専務と牧野さんって知り合いなの?」
「どういう繋がり?」
「同級生?」

「いや、あのっ、え~とっ、」

一気にヒートアップした俺らの周り。
なんて答えればいいのかジタバタする牧野に苦笑しながら、視線をあの男に向けると、徳井も俺らのことをまっすぐに見ていた。

「専務も二次会行きますよね?
これからカラオケに移動しますけど。」

女たちがすげー期待を込めて、食い入るように俺にそう言ってくるのを、
「俺はこいつと家でゆっくりするので。」
牧野を見ながらそう言ってやる。
すると、
「キャーーーーっ!」
「うそぉーーー!」
と黄色い声と共に
「信じらんないっ!」
と隣から怒りの声がした。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援おねがいしまーす✨

コメント

タイトルとURLをコピーしました