小話(そして四年後)1

小話
スポンサーリンク

このお話の時期は、司がNYでの修行を終えて4年ぶりに日本に帰国した3日後です。




「カンパーイ!」
久々に揃ったF4での宴の始まり。

「とうとう武者修行を終えて凱旋したってわけかよ。」
「長かったようで、あっという間だったな。」
感慨深げにそう話すのは、お祭りコンビのあきらと総二郎。

「もう、しばらくはNYに行かなくて済むんだろ?」

「ああ。副社長って肩書きで日本支社を任されたからな。」

「良かったな。ようやく司の母さんもおまえのこと認めたってことだろ。」

あきらが俺の肩をポンと叩いて、お疲れさんと労う。
正直、さすがの俺もこの4年はかなりキツかった。
大学に通いながら会社の手伝いをし、その合間に出張にも同行する。

遊び歩く暇はもちろんねーし、自分の時間を確保する事さえ困難で、空いた時間はひたすら睡眠に捧げる4年間だった。

久しぶりの再会で募る話は山ほどある。
酒が進むにつれて、話題は恋愛へ。

「で?牧野とはどうなんだよ。」

「どうって?」

「ちゃんと、続いてんだろ?」

「ああ。」

即答する俺に、「奇跡だな。」と冷やかす総二郎。

「司がNYに行くって言った時、まさか4年後もおまえらの関係が続いてるとは誰も思ってなかったんじゃねーの?」

「俺は1ヶ月で別れると思ってたけど。」

「類、殺すぞ。」
俺が類を睨みつけると、ギャハハーとあきらが類の頭を小突く。

「牧野とはもう会ったのか?」

「帰国したその日に会いに行った。遅い時間だったから、家の前で少し話しただけだ。」

「マジかよっ。恋人同士の再会ってやつは?」

「してーのに、邪魔してるのはおまえらだろっ。」

本当なら、今日、牧野とゆっくり会う予定だったのに、こいつら3人の予定が今日しか空いていなくて、急遽こいつらとの再会が先になった。
その事を牧野に言うと、
「あたしも、久しぶりに滋さんと桜子と会う約束してたから、違う日の方が都合いーかな。」
と、なんとも淡白な答え。

会いたくて堪らなくて、今すぐにこの腕の中に閉じ込めたいと思ってるのは俺だけかよ…と拗ねたくもなる。
そんな俺に、
「これからは、会いたい時にいつでも会えるでしょ?」
と、テレビ電話の向こうで牧野がにっこり笑いやがった。

その顔がめちゃくちゃ可愛くて、機嫌もすぐに治るから俺は単純だ。
すっかりこの4年で俺の操縦方法を牧野は覚えたらしい。

そんな事を思い出していると、
「ところで、司くん。」
と、総二郎がわざとらしく咳払いなんかして言ってくる。

「なんだよ。」

「もちろん、NYで童貞は捨ててきたんだろーな。」

ギャハハハー、おまえそれは直球すぎるだろっ。と、あきらが総二郎の背中を叩き、類も呆れたようにグラスを空ける。
そんなこいつらに、俺は無言を突き通す。

「司?」
「答えろよ。」
「いつ頃だ?」

「…してねー。」

「………あ?」
同時に3人が固まる。
そして、俺を痛い目で見やがる。

「…司、おまえもしかして不能か?」

「ぷっ…、あきらやめろって。」

「じゃねーと、説明がつかねーだろ。な?類。」

「確かに。4年も付き合ってるんだからねお宅らは。」

分かってる。俺だって、おまえらが言いたいことは百も承知だ。
好きな女、いや、好きすぎてあたまがおかしくなりそうなほど大事な女と4年も交際してるのに、どうして俺たちはまだなんだよ。

「司、ちゃんと説明しろ。」

「はぁーーー。何度かチャンスはあったんだぜ。
あいつがNYに遊びに来た時も、メープルに泊まって一緒に過ごしたし、俺が一時帰国した時も邸に呼び出したけど…」

「けど?」

「なんか知らねーけど、いつも邪魔が入んだよ。
特に、ねーちゃんと、タマ。あっ、西田もか。
ねーちゃんに限っては、あれは完全にわざとだな。
俺よりも先に牧野に会いたがるし、会えば酔うほど呑ませるし、暇さえあれば買い物に連れて行って、牧野が困るほどプレゼントしてやがるし。」

「で、4年たった今も、おまえらは処女と童貞って訳か?」

「頼むから、口に出して言うな総二郎。
腹が痛ぇ。ぷっ……、ギャハハハー」
笑い転げるあきらと、静かに大爆笑してやがる類。

「てめぇら、マジで殺すぞ。」

「司、やめろ、暴れるなって。
でもよ、俺だったらマジで耐えられねぇわそれ。
きっと、こっそり他の女に手出しちまうかも。
そういうシチュエーションは無かったのか?」

「あ?」

「4年もNYにいれば、他の女からのアプローチはあったんだろ?」

「……。」
黙る俺に、3人は目配せして興味深げに乗り出してくる。

「話せ、司。」
「どんな女だ?」
「どこまでした?」

「パーティーで何度か顔合わせた女に、ホテルで待ち伏せされた事があった。」

「で?」

「無理やり身体押し付けてきて、俺のリムジンに乗り込んできやがった。」

「おぉー、ずいぶん積極的だな。
キスはしたのか?それとも、お触りまでいったか?まさか、咥えてもらってフィニッシュしたとか?」

ニヤニヤ顔でそう聞いてくる総二郎に、冷たい目を突きつけて言ってやる。

「ハイウェイのど真ん中で車から引きずり下ろしてやった。」

「……は?」
「……あ?」
「……司ならやりかねないね。」

「だってよ、マジで気色悪りぃだろっ!
悪趣味な香水ぷんぷん匂わせて、どぎついメイクで近づかれたら寒気がするっつーの。」

「おまえさー、色好みしてる場合じゃねーだろ。
25にもなって未経験な男に、言い寄ってきて来てくれるだけ有難いと思えよ。」

「ケッっ、あんなのに、勃つ男がいるかよ。」
顔をしかめて言ってやると、

「その言葉、そっくりおまえにお返しするよ。」
と、あきらが呆れたように言う。

「牧野みたいのに、勃つ男の方が少数派だぞ?」

「あ゛?」

「牧野はナチュラル過ぎるだろ。
あいつから色気とか感じた事一度もねーけどな俺。
司はいつあいつに発情してんだ?」

「んなの、決まってんだろ。
牧野の事考えるだけで、」

そこまで言う俺に、
「あーーー、マジで理解不能だわっ。
それ以上、言うな。言っても一生分かり合えねぇと思うから。」
なんて、あきらが言いやがる。

でも、そこで終わらねぇのがこいつ。

「俺は理解できるけどな。
司の言うこと、すごく分かる。」

「類っ、てめぇが分かるなっ!」

「俺も牧野の事考えると、」

「それ以上言ったら、マジでぶっ飛ばすぞっ!」

「ぶっ…、マジで腹痛ぇから類も司のこと怒らすのやめとけって。」

笑い転げる3人をみながら俺は思う。
日本、最高だぜ。

「今日は牧野どーしてる?」

「滋と桜子と約束してるって言ってた。
合流するかって聞いたら、女子は女子の話があるってよ。」

「へぇー。
でも、そろそろその女子トークっつーのも終わったんじゃねぇ?
電話でもしてみるか?」

そう言ってあきらが携帯を取り出す。
電話をかけたのはどうやら滋だ。

「よう、大河原。
3人で居るんだろ?俺たちと合流しないか?」

そう話すと、電話の向こうから、
「そろそろ司から電話が来るんじゃない?ってつくしに言ってたところ。あたしたち◯◯にいるから、来てくれる?」
と、相変わらずテンション高い声が返って来た。

今日は会えないと思っていたつくしに、会える。
それだけで胸が鳴る。

そんな事を言ったら、お祭りコンビニ盛大に揶揄われる事間違いねぇ。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援お願いしまーす⭐︎

お久しぶりの小話です。どうぞお付き合いください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました