セカンドミッション 26

セカンドミッション
スポンサーリンク

メープルのスイートに入っていくと、奥の部屋にあるソファに体育座りで膝を抱えて座る牧野の姿。

俺が部屋に入ってきたことにも気付いていないようで、一心に何かを読んでいる。
近づいて見てみると、それは各社のスポーツ紙らしい。

俺と牧野の記事か。

「牧野。」
俺がそっと呼び掛けると、

「おっつ、ビックリした!」
慌てて新聞をたたむこいつ。

俺は牧野の隣にドカッと腰をおろすと、
「なにかルームサービスでも頼むか?」
と聞いてやる。

「ううん。食べてから来たから大丈夫。
それにね、コンビニでデザートも買ってきちゃった!プリンとね、ゼリーと…………。」
いつもより早口でよく喋るときのこいつは要注意だ。

俺は隣に座る牧野の腕を引き寄せ、優しく抱きしめながら、
「不安か?」と聞いてみた。

「…………。」無言の牧野。

「後悔してるか?俺とまた付き合い出したこと」

「…………違う。」

「じゃあ、なんで泣きそうな顔してる?」

「…………だって、道明寺こそ無理してない?」

「なんだよ、無理って。」

「新聞に……書いてあった。
どこかのお嬢様と縁談の話も出てるって。」

「ふざけんなっ。デタラメだ。
そんな話は1度もねぇし、あっても受ける気なんてサラサラねーよ。
それに、……今日ババァにも報告した。
おまえと真剣に交際してるって。
反対どころか、相変わらずおまえの味方だってよ。どっちが血の繋がった子供なんだってっ」

「えっ!お母様にも言ったの!」

「ああ。だから今度はおまえのご両親に挨拶に行く。」

「ちょっ!待ってよ!そんな急にっ。
結婚するわけでもないのに、挨拶なんてっ。」

「俺はするつもりだ。」

「…………は?えっ!」
俺の腕の中から抜け出してまっすぐに見つめてくる牧野に

「俺はおまえと結婚するつもりだ。」
もう一度はっきりと言ってやる。

「…………あたしは…………」

「いい。分かってる。
…………おまえが結婚まで考えてないっつーことは分かってる。
けど、俺はおまえと結婚してーと思ってる。」

「…………」
それでも無言の牧野に、

「……シャワー入ってくる。
俺はあっちの部屋使うから、おまえはここ使え。」
スイートの反対側の部屋を指差して言うと、
小さく牧野が頷いた。

そう、分かってたことだ。
おまえの想いと俺の想いは、だいぶ距離があるってことも。
けど、少しだけ期待してたのかもしれねぇ。

おまえが俺との未来を考えてるってことに。

メープルのスイートルームは、
左右に広いプライベートルームが二つあり、1つは牧野が使っている。
そして、もう一つの部屋に俺は入ると、ソファにスーツの上着と、ネクタイを放り投げた。

そしてそのまま熱いシャワーを浴びようとバスルームに向かった。
バスルームの鏡の前でワイシャツを脱ぎ捨て、鏡に写る自分を眺めながら、
『情けねぇ顔をすんなよ』と自分に言い聞かせる。

牧野に「俺はおまえと結婚するつもりだ。」と言っておきながら、あいつの返事が怖くて、
「おまえはどうなんだ?」と聞けねぇ俺。

頭をワシャワシャとかき混ぜながら、深くため息をつくと、俺はシャワーに入るためズボンのベルトに手をかけたそのとき、バスルームの扉の向こうからドタバタと音がした。

なんだ?と思った瞬間、
「道明寺!」と牧野の声と同時にバスルームの扉が開いた。

突然入ってきた牧野と、上半身裸の俺が見つめあう。
この状況に、
「あっ!ごめんっ!」
そう言って慌ててバスルームを出ていこうとする牧野。

俺はその牧野の腕を寸でのところで掴み、
「どうした、なにがあった?」と聞いた。
腕を掴まれた牧野は逃げることも出来ず、顔を伏せながら、
「……今、進から電話があって……今日の昼、
実家にまで記者の人が来てたって。
もう完全にバレちゃってるみたい……。」
眉間にシワを寄せ、困った顔で言う。

俺はズボンのポケットから携帯を取り出すと、西田にコールした。
その間も左手では牧野の腕を掴んだままで。

「西田か、俺だ。
昼に頼んでおいた件はどうなった?
……ああ、…………わかった。……サンキュ。」

西田との会話を終えると、
「実家のことは心配いらねぇ。
俺の方で昼過ぎにSPを行かせたから、記者はもういねーよ。しばらくSPに見張らせる。だから心配すんな。」
そう牧野の目を見て言ってやるが、なぜかこいつは俺と目を合わせることなく、俺の肩あたりを見つめている。

「牧野?」

俺がそう呼び掛けると、牧野はゆっくりと俺に掴まれていねえ方の手を持ち上げ、ふいに俺の鎖骨あたりを指でなぞった。
突然の行動にビビったのと同時に、牧野の指の柔らかな感触にぞわりとする。

「牧野?」

もう一度俺が呼び掛けると、俺の方に視線を合わせた牧野が急に顔をくしゃっと歪ませて、目にジワッと涙を滲ませ、

「これ、どうしたの?」
と小さく呟いた。

牧野が指でゆっくりとなぞっているのは、俺の鎖骨下にあるタトゥー。

何も言わねぇ俺に、
「いつ?いつこんなことしたの?」
独り言のような小さな声で牧野が聞いてくる。

「…………おまえとわかれてすぐ。」

俺の返事に目をでかくして、
「なんでっ!…………ほんとバカ。」と牧野が言う。

「これは俺のおまえへの誓いだ。
おまえと別れてめちゃくちゃ後悔した。
そして、はっきり分かったんだよ。
二度と会えねぇかもしれねーけど、俺が愛してるのはおまえしかいねーって。」

「バカ、ほんとにバカ。…………痛かった?」

「痛くねーよ。……おまえの方が痛かっただろ。
…………裏切るようなことしてごめんな。」
6年前、牧野の心をズタズタに痛めたあの雨の日の出来事が頭をよぎり、胸が苦しくなってくる。

そんな俺の顔を見て、首を小さく振りながら、
「あたし忘れっぽい性格だから、もうそんな昔のこと忘れたのっ。」
目に涙をためながら、いたずらっ子のように笑う牧野。

指はその間も俺のタトゥーに触れながらゆっくりと傷をいたわるように優しく撫でてくる。

「牧野、あんま触るなっ。」

「やっぱり痛い?」

「ちげーよ。…………あんまり触られると
……変な気分になってくる。」

ただでさえ上半身裸の俺だ。
そこに牧野の指で触られると理性が保てねぇ。

俺は牧野の手を掴み、俺の体から引き離すと
「部屋に戻れ」と言ってやる。
それなのに、牧野はあろうことか、頭をブンブン振り、爆弾を落としてきやがった。

「もう少し、一緒にいる。」

どう考えたっておまえがわりぃ。
好きな女と一緒にいて、体に触れられて、一緒にいたいって言われれば、我慢できる男なんているのかよっ。

「おまえが完全にわりぃからな。」

俺はそれだけ牧野の耳元で呟くと、こいつの唇を自分のそれで優しくふさいだ。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援お願いしまーす⭐︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました