総務課の牧野さん 54 最終話

総務課の牧野さん
スポンサーリンク

あれから2年後。

「牧野さん、配送先のファイルってこれでいいの?」

「はい。こっちが新しいので、それより古いのはこれです。」

「牧野さーん、資料室の分類表は?」

「それは、共有ファイルの『資料室』を開けるとありますよ。」

ここは道明寺HD日本支社、総務課のパソコンの前。
愛しい女が一回りも年上の同僚たちに仕事を教えているのを、不機嫌な顔で見つめる俺。

時刻は午後6時。
今日は定時で終わる予定だろっ。
そう思いながらも、なかなか仕事が終わらない牧野を椅子に座りながら待っている。

「牧野さん…………」

「牧野さーん、……」

「牧野…………」

イライライライラ。

「おいっ!なんで未だに牧野呼びなんだよっ!
こいつはとうの昔に結婚して道明寺つくしになってんだよっ!」
我慢の限界に達した俺がそう叫ぶと、

「道明寺っ。」
と睨むこいつ。

「だから、おまえも道明寺だろ。」

「わかってるから、もう少し待ってて。」
そう言ってかわいい顔で笑いやがって、
こいつは俺の扱いが上手くなりやがった。

牧野と結婚して1年。
想像以上に幸せな毎日。
それに輪をかけて、先日幸せな出来事が舞い降りた。

牧野の妊娠。
このニュースにはババァも牧野の両親も手を取り合って喜んだ。
そして、一番喜んでる俺に、牧野が意外なことを口にした。

「道明寺、あたし仕事辞めようかと思ってるの。」

「あ?」

「ちょっと早いけど、今度の3月末で。」

「どうした?」

今まで、結婚を機に仕事をやめて自由に過ごせと言ってきた俺に、仕事は辞めたくない、と言って頑張ってきた牧野。
邸で暮らしていても、料理や掃除も出来る範囲で自分でやり、仕事も家事も両立してきた。

その分、お互い仕事が遅い日はすれ違うことも多く、思い描いていたような新婚生活は送れなかったけど、それでも俺にとっては充分幸せだった。

そんな時、急に辞めると言い出して、はじめは戸惑った俺も、こいつの話を聞いて胸が熱くなった。

「道明寺ともっと一緒にいたい。
せっかく赤ちゃんが来てくれたんだから、あたしたちも父親と母親になるために、もっと同じ時間を共有したい。」
と。

その後、よくよく聞けば、
仕事を辞めたくなかったのも、少しでも俺のサポートをしたかったから。
会社に残れば何かの役に立つかもしれないと思っていたから。
けど、それで二人の時間が削られるのは本末転倒。
これからは、俺の奥さんとしてサポートしていく。
と、こいつらしい可愛いことを言いやがる。

そんなわけで、本日付でこいつは総務課を退職することになった。
ようやく仕事が終わったらしい。

「道明寺、おまたせ。」

「おう、じゃあ、帰るか。」

「うん。」

コートと鞄を手に持ったこいつが、くるりと総務課の方に向き直り、
「短い間でしたが、お世話になりました。」
そう言って深く頭を下げる。

「お疲れ様。」
「また戻っておいで。」
「赤ちゃんが生まれたら連れてきてね。」

同僚たちに優しい言葉をかけられ、少し涙ぐむこいつの手を取って、
「妻がお世話になりました。」
と一応、夫としての挨拶でもしとく。

そんな俺に、
「支社長、いいパパになってくださいね。」
と声がかかる。

手を繋いだまま総務課のフロアを後にして、
エレベーターに乗り込むと、
隣にたつこいつに、

「おつかれさん、総務課の牧野さん。」

そう言って、甘いキスをした。

Fin

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

ランキングに参加しております。応援お願いしまーす⭐︎

総務課の牧野さん、お付き合いありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました