総務課の牧野さん 49

総務課の牧野さん
スポンサーリンク

「道明寺っ!」
「つかさっ、やめなさいっ!」
牧野とねーちゃんの声が部屋に響く。

その声も虚しく、俺の足元には唇を赤く腫らした西田の姿。

スパイがこいつだと分かり、俺は容赦なく殴った。西田が俺の秘書になって5年、今まで築き上げてきた信頼関係があると思っていたのは俺だけだったのか……。

考えれば考えるほど、腹が煮えくり返る。
もう一度、西田の胸元を引っ張りあげた時、

「司、それぐらいにしなさい。
後で後悔しますよ。」
ババァが静かに言った。

「うるせっー!」

「だいぶ興奮しているようね。
……私たちは部屋を移るわ。
せっかくだから、牧野さんとゆっくりお話しがしたいの。
椿もいることだし、女同士3人でお喋りするわ。

「ふざけんなっ。牧野は行かせねぇ!」

「興奮したあなたがいてもまともな話が出来ないでしょ。」

「牧野一人では行かせねぇ!」

「アハハ……ずいぶん信用がないわね。
私が彼女に何かするとでも思ってるの?」

「しない保証はどこにもねーだろ。」

「司っ、」
俺とババァの言い合いにねーちゃんが間に入る。

「司っ、あたしがついてるから大丈夫よ。
とにかく、お母様の言う通りにして。」

「信用出来ねぇ。」
ねーちゃんの言葉にそう答える俺に、

「道明寺、あたしなら大丈夫。
何かあったら自分の判断で戻ってくるから。」
そう言って俺の手をギュッと握る牧野。

「ダメだ、行くな。」

「大丈夫。……行ってくる。」
その目は、俺の心底惚れている真の強い眼差し。

「話はまとまったようね。
私の書斎に場所を移しましょう。」

ババァ、ねーちゃん、そして牧野の3人が部屋を出ていくのを、俺は黙って見つめることしか出来なかった。

部屋を出ていく間際、ババァが
「西田からの報告書にあなたも目を通しておくといいわ。」
そう言って視線をテーブルの上に向ける。
そこには、きれいにファイリングされた牧野の報告書らしきものがあった。

数にすると12冊にも及ぶ報告書。
俺たちが付き合った月から始まっている。
牧野の基本的な情報、俺さえも知らなかった出身校や成績、友人関係まで事細かに記載されている。

そして、数を重ねるごとに、俺と牧野の親密さが書かれていく。
牧野のマンションに出入りする俺の姿や、休日に二人で公園を歩く姿。
クリスマス、誕生日に送ったプレゼントまで。

そして、今月は牧野の両親と顔合わせをする日にちや時間まで調べあげていた。
ここまで完璧に調べられるのには理由がある。
当然と言えば当然だ。
西田には俺の行動はすべて筒抜けだったし、隠すつもりもなかったから。

完全に裏切られていたと言うことか…………。

さっきまでの俺なら、今も部屋の隅に立つ西田をもう一度殴りに行っていたかもしれない。
けれど、報告書を見た今、その気持ちは薄れていく。
なぜ、ババァが俺にこの報告書を見せたのか、その意味が分かった。

「西田」

「はい。」

「……殴って悪かった。」

「とんでもないです。」

……

西田からババァに毎月送られる報告書。
そこには淡々と、俺と牧野の日常が記載されていく中、必ず最後に西田からの一言が付け加えられている。

ある月は
『お二人は相変わらず仲むつましく過ごされております。
司様のお仕事もすべてが順調に進んでおり、牧野さんの支えが大きいようです。
どうか、もうしばらくお二人をこのまま見守って頂きたくお願いします。』

そして、ある月は、
『先日、司様から結婚と言う言葉を聞きました。
今まで4年、司様に仕えてきましたが、あんなに幸せそうなお顔を見るのは初めてです。

社長は司様と牧野さんの交際に反対でしょうか。
お二人が互いに惹かれあい、急接近するのを止められなかったのは、秘書である私の責任でもあります。

けれど、お二人は心から愛し合っておられます。
すべての責任はこの西田一人が負いますので、
どうか、お二人の幸せを奪わないでくださいませ。

お二人の結婚と引き換えに、これを受理願います。』

その言葉と共に同封されたのであろう、西田の
『退職願』

こんなスパイいるかよっ。
そう思うと笑えてくる。

「西田、勘違いすんじゃねーよ。」

「……え?」

報告書にすべて目を通した俺は、壁際にたつ西田の前に向かうと、言った。

「俺はな、誰かの犠牲と引き換えに幸せになるつもりはねーんだよ。
そんなに俺は能無しか?
俺は、俺の力だけであいつを幸せにする。
それが出来ねぇような男なら、あいつが認めてくれねーからな。」

「…………はいっ。」

俺に殴られて唇には血が滲む西田のネクタイを、まっすぐに直してやりながら、

「おまえの気持ちはありがたく受け取っておく。」

俺はそう言って部屋を出た。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援お願いしまーす⭐︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました