無敵 9

無敵
スポンサーリンク

「今すぐ、オフィスに戻ってこい。」

そう電話した10分後、息を切らしながらオフィスに入ってきた牧野。

「何かミスしてましたか?あたし。」
仕事の話だと勘違いしてるこいつの腕をとり、
オフィスの奥にある小部屋へ連れて行き、壁まで追い詰めてやる。

「道明寺?」

「俺に隠し事は?」

「ん?」
でかい目を更にでかくして俺を見つめるこいつに、一言だけヒントをやる。

「カフェの店長。」

すると、すべてを理解したように、
「あー。…ごめん、なさい。」と謝ったあと、
「でもっ、道明寺が誤解するような事は何もないし、」と、慌てて付け加えるところが気に食わねぇ。

「あいつとはどういう関係だ?」

「どういうって…」

「あいつに好きだって言われたのか?」

「ううん。」

「じゃあ、なんて言ってきてる?」

「……。」

「牧野っ」

「デートしようって誘われた。
けど、ちゃんと断ってる。」

そこまで聞いて、ようやく少しだけ安心すると、思わず牧野の肩におでこを預けて息を吐いた。

「ごめん、ね。
でも、どうして?」

「西田に聞いた。あの男が最近おまえの周りをうろついてるって。
俺に、挨拶する程度だって嘘ついただろバカ。」

「それはっ……。
正直に話して、ふーんって聞き流されたらどうしようって思ったから、」

「聞き流す訳ねーだろ。」

こいつの肩から顔を上げて、牧野を真っ直ぐに見下ろして言ってやる。

「婚約者が他の男に言い寄られてるのに、聞き流すかよ。」

正直に言ったその言葉に、牧野が反応する。

「婚約者って……。」

「違わねーだろ。記憶は戻ってねーけど、おまえは俺のものだ。」

その言葉へのご褒美のように、牧野が言った。

「道明寺、」

「ん?」

「…好き。」

小さく呟くように言ったこいつの言葉が、全身を一気に刺激する。

もう、抑えていた欲望が止まらない。

牧野の顔を上に向かせ、激しく唇を合わせる。
少し開いたその隙間から舌を口内に滑り込ませ、
溢れ出る唾液を吸い上げて、何度も何度も角度を変えながら甘い蜜を味わう。

崩れそうになる牧野の身体を支えると、牧野も俺の首に腕を絡ませてくる。
それを合図だと思い、さらにエスカレートした俺は、右手を軽く牧野の胸に乗せやんわり揉むと、
ビクッと反応した牧野が俺の胸を強く押し返した。

重なっていた唇が離れる。
そして、「どこ触ってるのよ。」と、赤い顔で俺を睨む。

「ダメかよ。」

「当たり前でしょ。」

「なんでだよ。」

「会社でする事じゃない!」
と、猛抗議。

あのエロいキスはよくて、その先はだめなのか?と聞いてやりてぇのを我慢して、その先を聞く。

「俺たち、会社ではそういう事してなかったのか?」

すると、俺の胸を思いっきりバシっと叩き、
「当たり前でしょ!変態っ!」
と、牧野が叫んだ。

「キスは?今までもありか?」

「そもそもあたし秘書じゃなかったから、会社でなんて…。それに、西田さんにバレたら怒られるからねっ!」

すっかり西田の子分になりやがって。

「バレなきゃいいだろ。」

「そういう問題じゃな……んっ……。」

それ以上文句を言わせないよう、再び口を奪う。

記憶はねーけど、分かる。
たぶん、俺はこいつの前だとただのスケベな男だったに違いない。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しております。応援お願いしまーす♡司の暴走止められず。加速する一方でございます笑

コメント

  1. はな より:

    司くん、素敵~!!

  2. はれこ より:

    司くんの暴走 止めないで~
    どこまで行くか 楽しみ~

タイトルとURLをコピーしました