VOICE〜ボイス 24

VOICE〜ボイス
スポンサーリンク

牧野からのヤキモチ。
それだけでもすげーヤバイのに、こいつからキスしてくるなんて……。

人通りの多い、駅近くのビルの影に隠れて、何度も何度も貪るように牧野の唇に食いつく。
「……んっ……どう……みょうじ……」
俺を止めようとする牧野の声さえも甘い。
それに誘われて、体も正直に反応していく。

「牧野……なぁ、……このままどっか行こうぜ。」

「……えっ?」

「このまま帰るなんてあり得ねぇだろ。」
そう言いながら、我慢していた手をそっと牧野の胸にすべらせる。

「どっ、道明寺っ。……ダメ……。
誰かに見られるっ。」

「だから、見られねぇところに行こうぜ。」

強引なのは分かってる。
自分勝手なのも分かってる。
けど、この状況で離してやれるほど出来た男じゃねぇ。

「門限……延長届け出してきたけど、あと一時間もないし……。」
潤んだ目で俺を見上げてそう言う牧野に、

「それがクリアになれば、俺とこのまま過ごすか?」
そう聞いてやる。

少し迷ってた牧野が小さな声で呟く。
「……あたしだって、……そうしたいけど。」

牧野のその言葉を聞いて、俺はポケットから携帯を取りだし、個人的に仕入れた番号にかける。

「鶴か?俺だ。
この間書いた外泊届け、今日の日付で俺と牧野の分、出しておいてくれ。
……ああ…………頼む。」

「ちょっと、道明寺っ、どういうこと?」

俺の電話の会話を聞いて焦る牧野。
そんなこいつに言ってやる。

「門限はこれでクリア。
他に俺と過ごしたくねぇ理由があるなら聞いてやる。」

一応、逃げ道は作ってやる。
このどうしようもなく愛しい女が、まだ無理だと言うなら待ってやる。
俺はおまえしか考えらんねーから。

そんな気持ちで見つめる俺に、
牧野は俺の好きな凛とした目で言った。

「あたしは…………、
あんたと過ごしたいと思う理由ならいっぱいあるけど、過ごしたくない理由なんて、
一つもない。」

これだからこいつには敵わない。
土壇場になると、逃げるどころか俺を飲み込む勢いのこいつ。

「でも…………邸とか、メープルとかそういうところはイヤ。」
うつむいてそう言う牧野に、

メープルに行こうとしてた俺は
「あ?なんでだよ。」
と聞き返す。

「だって…………、」

「だって?」

「だから、……」

「だから?…………牧野?」

うつむいたままの牧野は、俺からは頭のグリグリしか見えなくて、どんな顔をしてんのか分からない。

「牧野……ちゃんと言えよ。」

「だから、ね、あのさ、
あたし初めてだから、そのぉ、シーツとか汚しちゃったら困るから、
だから、知ってる場所はイヤなの。
出来れば、そのぉ、……そこら辺の裏通りにあるホテルでお願いします!」

昔からこいつの考えてることや言ってることが、理解できなくて、あきらたちにも
「俺らも牧野の言動は理解できねーよ。
頑張れよ、司。」
と慰められてきたけど、

さすがに、今回は今までの比じゃねぇ。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。応援お願いしまーす♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました