VOICE〜ボイス 13

VOICE〜ボイス

「もしもしっ!」

「……道明寺?」

「いってぇー。」

慌ててバスルームから飛び出してきた俺は、思いっきり扉に足の小指を打ち付けて、電話を耳に当てながら悶絶してる。

「道明寺っ!どうしたの?大丈夫っ?
どっか痛いの?」

「……いや、……なんともない。」
やっと痛みが治まってきてなんとかそれだけ言う俺に、

「病院は?昨日お医者さんになんて言われたの?
前から痛みがあったの?」
電話の向こうでパニクってる牧野。

たぶん昨日俺が倒れたことをこいつは知っていて、今の痛みもそれと勘違いしてんだろう。

「プッ……ちげーよ。
足の小指、壁にぶつけた。」

「…………はぁ?」

「だから、今電話に出ようとして、小指を思いっきりぶつけたんだよ。」

「……痛いって、」

「小指。」

長い沈黙のあと、
すげー怒るんだろうな。
すげー怒鳴るんだろうな。
すげーギャンギャン騒ぐんだろうな。

そう思ってニヤついていると、
なぜか黙ったままの牧野。

「牧野?」

「……バカ。バカバカ……バカ。」
言ってることは想像通りなのに、こいつの声は涙で詰まる。

「牧野。」

「もうっ、知らないっ。」

「悪かった。泣くなって。」

「バカッ。」

「おまえに泣かれると弱いんだよ。
……泣くな。」

「…………花沢類から……んっ……聞いた。
具合どうなの?」

「なんともねーよ。」

「ちゃんと、調べてもらったの?グスッ」

「ああ。」

牧野が俺を心配してくれてる。
ただそれだけで、胸が締め付けられるほど恋しい。

「今日、どこにいたのよっ?
ずっと探してたんだから。
美作さんにも、西門さんにも、花沢類にも電話してもらったのに、どうして出ないのよっ。」

「タマが邸に来いって言うから行ってた。
死ぬほど食べさせられて、退屈すぎるほど休まされた。」

「そうなんだ。それで?元気になったの?」

「……ああ。今ようやくなった。」

「……ん?」

「おまえの声聞いて、やっと元気になった。」

小さな機械から聞こえてくる牧野の声だけで、全身が満ち足りていく。
昔も今も俺をそんな気持ちにするのは、こいつだけ。

「なぁ、牧野。」

「……ん?」

「好きだ。」

「…………。」

「すげー好き。」

「…………。」

「なんか言えって。」

「もう遅いから寝な。」

プッ……相変わらず逃げるどーしようもねぇ愛しい女。

「おまえ知ってるだろ俺が寝れねぇの。
たぶん今日も眠れねぇな。
おまえからの返事聞かねぇと朝まで気になって寝れねぇ。」

「調子にのるなッ。」

「へーそうかよ。おまえは俺がまた倒れてもいいんだな?
冷てー女だな。」

「んなこと言ってないでしょ!」

「なら、もう一度言うから返事しろ。
……牧野、おまえが好きだ。
おまえは?」

「…………今度会ったときに返事する。」

どこまでもズルい女。
でも、こういうところもめちゃくちゃ堪らない。

「おまえさ、それで逃げたと思ってんの?
残念。俺は逃がさねーよ。

10分後にそっちに行くから待ってろ。」

「えっ?」

「返事、用意しとけよ。」

わかってる。
見なくてもわかってる。
もう時計の針が10時を過ぎた頃だってことを。

けど、どうしても会いたい。
声だけじゃ……足りない。
触れて、抱きしめて、目を見て言いたい。

『俺にとっておまえがすべてだ。』と。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。応援お願いしまーす♡

VOICE〜ボイス
スポンサーリンク
司一筋をフォローする
司一筋

コメント

タイトルとURLをコピーしました